fc2ブログ

Entries

リスニング訓練、ラギング

リスニングに伸び悩んでいた頃、件の職業訓練コースで通訳学校に通った。そこでは茅ヶ崎方式学習法を軸に進んだ。英語を勉強している人なら、参考書売り場の隅っこに地味な表紙の薄い CD 本 に気が付いた人もいるだろう。ニュース、時事英語主体の、メジャーなのかマイナーなのか良く分からない教材というか学習法だ。ぼくもそれ以前には、そういう学校があることすら知らず、対象読者はだれ?といぶかしんでいた。

少し横道にそれるが、通訳トレーニングという一連の訓練方法がある。これは、「通訳というのは、職業であって、特定の才能がある人だけの特技ではない」、という前提で、誰でも一定の訓練をつむと、通訳になれる。通訳者になるための職業訓練方法だ。なんと頼もしい。

日本の通訳の先人達が、通訳者人口をいかに増やすかに苦心して編み出された、日本人向けのトレーニング方法だ。僕はエンジニアだ、奇跡の工芸品の作り方より、大量生産の工業製品の品質向上手法を信じた。

いろいろな訓練方法があって、総合的に英語力をつけることができたと思う、訓練というスタイルも気に入った。中でもリスニングのある訓練方法(ラギング?)が、僕にはとても効果的だった。

---
教材は、英単語を一定のリズムで読んでいる音声。これを使っていろいろなレベルの訓練ができる。
輪唱するのだ、1拍とか、2拍おいて「カッコウ」や「かえるの歌」の要領でずらして発声する。
次の単語にわざと重ねて声に出すのがコツ

パターン1(1拍遅れ)
CD音声 ___ 生徒発声

Apple
Book ___ Apple
Oil ___ Book
Wallet ___ Oil
Bag ___ Wallet
___ Bag

パターン2(2拍遅れ)

Apple
Book
Oil ___ Apple
Wallet ___ Book
Bag ___ Oil
___ Wallet
___ Bag

パターン3(日本語1拍遅れ)

Apple
Book ___ リンゴ
Oil ___ 本
Wallet ___ 油
Bag ___ 財布
___ かばん

英語3拍遅れ、日本語2拍遅れと、なれればどんどん難しくできる。
はじめ難しいが、結構すぐなれる。
この訓練は、手軽で、1日1回とか、根性があれば電車の中でぼそぼそ、とかできる。
教材も茅ヶ崎に限らず、英会話学校の CD 教材でも、このレッスンの重要表現、単語みたいなパートを使ってできる。

結果、いままで1単語ずつしか聞こえていなかったのが、2単語とか、3単語とか聞いた単語が頭の中に保持できるようになる。知らない単語を前後の文脈から想像したりできるようになる。もっと達人になると1センテンス丸ごと保持できるようになる。声を出しながらというのが大事。

シャドウイングも、慣れたひとは「すこしずらす」というのをやるとかなり効果がある。

日本語を出す、に関して抵抗がある人もいるだろう。市中の英語教材では、英語で考え日本語を介さないというのが流行だし、僕もそう信じていた、でも通訳教育だったので、しぶしぶ練習した、その結果、愕然とした。

聞こえて話せている単語の、正確な意味を理解していないことに気が付いたのだ。とてもなじみのある単語、知っていて、聞き取れて、シャドウイングもでき、でも漠然としか分かっていない単語が結構多かったのだ。

僕は、年長者で、促成栽培の英語勉強をしていた。結果、気が付いたのは、ボキャブラリと文法の勉強は日本語で勉強したほうが早いのだ。


ディクテエーションもそうだが、「ながら」が大事だ、聞きながら書く。聞きながら話す。聞きながら読む。試験でも試されている能力だ。会社でも測定器見ながらデータ取ってると、つまんないだろう、とばかりに、話しかけてくる。ストップウォッチみて、測定器の読みをノートに書きながら、ステレオの改造の話をする、日本語では簡単にできるだろう。ぼくが、これをできるようになったのは、ほんと最近だ。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://eeyann.blog36.fc2.com/tb.php/75-5612321d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

や ま

Author:や ま
No Script
Ad block plus
Flash block
DuckDuckGo

 
 海外で働く、バブルな頃のヲタ系電子エンジニア。ガンダームー、ガンダムッ、、、Visor DX、Think PAD、eTrex

 休暇を楽しむ為、しぶしぶ会社に行ってます。

 音楽、スポーツ、料理、車、'80 - '90 映画、と、今は堅気です(笑

 よろしくおねがいします。