fc2ブログ

Entries

手品師のピンポン玉、英語の主語と動詞

英語で主語と動詞の形を合わせる Agree 事は大事だ、分かっているが難しい。通訳学校に通った頃、先生は話している内容の主語と動詞の形には集中すると言っていた、聞いたとき大事なことは分かってはいたが自分では、なかなかできなかった。

スピーキングやライティングで、この間違いをやらかすと、ばかミス Silly mistake と語学学校の先生にも、頭から食われるんじゃないかと思うくらい怒られた。リスニングやリーディングでは大きな問題ではない、回答のヒントにこそなれ、試験の問題に文法ミスなんて無いから(TOEIC V,VI 別)読んだり聞いたりする分には受身だ。しかし、スピーキング、ライティングは自分で決めなければいけない。結局ぼくは最後まで、だめ学生だった。

そんなぼくが、あ、これか、と、やや勘所をつかめるようになったイメージトレーニングがある。

主語が大事、分かってる、何が大事?主語は大きく4種類。私、あなた、これ(それ)と、それ以外の世間や世界だ。話すとき最も大事なのは、私、あなた、話題にしている、対象(これ、それ、彼、彼女)の3つで、その3者以外の世間や世界はある意味どうでもいいという重み。

話をするとき、その内容が、あなたについて、か、私について、か、世間、一般の話か、あなたでも私でもなく、話題にしているそれ(これ)。に分類して主語のカーソル(矢印)を頭の中で動かしながら話す、書く。
なれないうちは指差したっていいと思う。このカーソルは絶対に消えないのも大事だ、どこかに必ずある。

大きな紙の上にいる、あなた、私、自分の左手にピンポン玉(これ、それ、彼、彼女)だ。ピンポン玉は手品師がするように、一瞬で、1つ、2つと変化する。話題が、何か自分と相手以外の第3者の場合、主語カーソルは左手に来る。主語が一人、ひとつのときは、ピンポン玉は1個、このときが3単元のS、has、などの使いどころ、彼ら、それら、とピンポン玉が二つになったら複数主語なので原型に戻る。ある意味、このピンポン球が一つ、の時にだけ気をつければいい。

カーソルが紙の上、世間一般、一般に猫は、各国の政府は、のときは主語は複数形、動詞も複数。となる、どうでもいい世間話の主語は複数形なのだ。
この猫は、この国の政府は、の場合はカーソルが左手に来るよ、もちろん。

このカーソルの主語と、時制(はじめは現在、過去、未来だけでいい)を意識し動詞をあわせる。

具体例まで挙げると話が混乱するのでここで止める。
分かりにくいのは承知している、でもこれを読んだ人の中で一人でも、はっ、とつかめた人がいたらうれしい。文章でゼスチュアもなしに、人にこのイメージを伝えようとしたのは、これが初めてなので、また、もう少し努力してみます。

僕がこれに気が付き、意識してそうし始めたのは、試験も終わり就職活動していたバックパッカースに住んでた頃だった。アルジャーノンを読んだ後だ。(T_T)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://eeyann.blog36.fc2.com/tb.php/73-c6f10846

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

や ま

Author:や ま
No Script
Ad block plus
Flash block
DuckDuckGo

 
 海外で働く、バブルな頃のヲタ系電子エンジニア。ガンダームー、ガンダムッ、、、Visor DX、Think PAD、eTrex

 休暇を楽しむ為、しぶしぶ会社に行ってます。

 音楽、スポーツ、料理、車、'80 - '90 映画、と、今は堅気です(笑

 よろしくおねがいします。