fc2ブログ

Entries

音楽が好きになり始めたのに。

音楽が好きになり始めたのに。

初めてトラックバックとやらをさせていただきます。NOBさん
http://noboboro.blog35.fc2.com/blog-entry-319.html
うまく行ってなかったらごめんなさい

PDA ネタで音楽を聞こうとして、著作権保護云々で頓挫。「自分の」CD の音楽ですら、著作権保護機能のあるプログラム経由でしか「自分の」携帯電話に転送すら出来ない現状。

先日、ネットや GPS も自由な物から、有料に。なにやらビジネスモデルとか、既得権でうまいこと小銭を巻き上げようとする人が「後から」現れて自由に使えていた物を有料サービスにしてゆく。

音楽に関しては、昔はさほど厳しくはなかったように思う。大学の頃ダンスパーティなど、裏方でやってたけど、実におおらかなものだった。儲けが目的でなく必要経費を回収するくらいの有料のイベントでも「SS」は、わざわざやってこなかった。

先日「日本祭り」のようなイベントがあり、そこでウクレレで演奏しながら「ビューティフルサンデー」を英語と日本語で歌おうとかいう話になった。歌詞を探す段になって、いちいちコピペ、印刷不可とか、うっとおしかった。結局面倒なので日本語で歌うのは没になった。子供の頃うちにレコードあったけどね。田中星治の。

どうなんだろう?著作権協会は、保護の名目で小銭を集めるのに必死になって、日本人が音楽を楽しむのを邪魔しているのではないかと思う。

また、有料で譜面を買っても、コードと歌詞が同じ本に掲載されていないとか、結構普通。なんという有様か。

保護されているという著作権者も、自分の歌が気楽に歌ってもらえないこんな状況を喜んでいるのだろうか?

海外に住んで、日本語の文化を懐かしく思い、ネット経由で楽しみたいと思っても大変な苦労が伴うのだ。

最近は、IPから、日本以外からアクセス禁止とか(得ろ画像が多いけど)されている場合もある。デジタルデバイドだね。ネットの世界から出て行けといいたくなる。

ネットがどんどん一般化しつつあった頃、ちょっとスノッブな人が言ったものだ、
「世間の半数は、平均よりばかだ」と
統計的にはそうだけど、ひどいいいざまだと思った。でも金儲けメインの人が群がってくると賢い人も問題おこすんだなと思った。

ネットに限らずこれから「音楽の無い」イベントが増えたりするのだろうか。「音楽狩り」て SF小説のネタやな。

バランス感覚の悪い人が増えているようで。。。


青空文庫
バンザイ!http://www.aozora.gr.jp/index.html

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://eeyann.blog36.fc2.com/tb.php/295-7f40b6df

0件のトラックバック

4件のコメント

[C518] ほんとに

こんにちは。メインで使っていたMacが壊れてブルーな私です。(^^;
著作権というのは保護されてしかるべきものですが、どうしてもそこに利権や
既得権益が生まれて、本来の趣旨から外れて著作者の企図するとこから外れて、
直接関係のない人間が自分の利益を守るために、過剰にシールドしてしまう
傾向が強いようです。
もちろん優れた著作物に対して、利用者はその対価について慎重に配慮しなく
てはいけませんが。
文化の発展や交流の妨げになるような事例がいくつもありますものね。。。

青空文庫、すばらしいですね。^^

[C519]

あらら、Mac 故障中ですか、大変ですね。

なんか、日本製アニメを世界に、とかいう話もありますが今みたいな規制のまま、都合よく海外に文化を配信(世界から小銭を回収したいだけ?)できるんですかねぇ。

著作権、、Winny 問題を大きくしているというか収束できない元凶でもありますね(笑)

[C520]

Macは故障でなくて、お亡くなりになりました(笑)
困ってます(^^;
中古の筐体だけ買って、パーツ載せ換えを検討中。。。

[C521]

Mac 修理とは、さすがですねぇ。久しぶりに腕が鳴るんじゃないですか?
困った困ったといいながらも頬が緩む、とか。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

や ま

Author:や ま
No Script
Ad block plus
Flash block
DuckDuckGo

 
 海外で働く、バブルな頃のヲタ系電子エンジニア。ガンダームー、ガンダムッ、、、Visor DX、Think PAD、eTrex

 休暇を楽しむ為、しぶしぶ会社に行ってます。

 音楽、スポーツ、料理、車、'80 - '90 映画、と、今は堅気です(笑

 よろしくおねがいします。