Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://eeyann.blog36.fc2.com/tb.php/1317-ce60aa35

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トライアスリートがスイミング教室に

時々トライアスリートがスイミング教室にくるのですが、長続きしません。クロール以外練習したくなさそうだし、そのフリースタイルの練習もなんかちょっと違うと感じるのでしょう。分かります分かります。ターンで壁キックしたくないし位置確認のヘッドアップ練習もしたいけどないし、波ないし()

僕がもう 1 年半になりますか、通っているスクールは、よくあるスイムスクワッド スタイルで特定の目的に特化してないし、グループスイムが中心で個別指導もあまりありません。まぁ、だから安いんですけどね。1 回 1 時間のクラスが午前と午後に 6 回ぐらいあって、僕は平日の夜 2 回と休日の朝 1 回出るようにしてますが、それで月 $70.00 だから感覚的に 7000 円くらい。普通のプールエントリーが $5.00 かかるので行けば行くほど、これでいいのか?って料金になります。週 3 回 1 時間のグループレッスンで文句ありません。一人の時も多いし()

戻ってトライアスリートの人たちは、なにか細かいところ気に入らないようで、トライアルの後は、ほとんどこなくなります。トライアスリート向けのスイムセッションとか個人チュータとかネットで探せばいくらでもいますがそうそう お安い料金ではないです。というか、集中コースが多くて、こんなに安くて頻繁に(週3とか)泳げるコースなんてないと思いますよ。

ふと、イギリス英語が勉強したい、って人と同じ匂いがするんですよね。いや、私はイギリス英語が勉強したいんです。って市中のアメリカ英語の語学学校を拒絶するような。でも水泳は水泳、英語は英語で、要はどんだけ長く練習したかが結果につながるのであって、そんな瑣末な専門性への特化は、基本的体力ができてからでも遅くないと思うんです。

トライアスロンではスイムパートで足を節約しますが、それはキックが「うまくなくてよい」「練習しなくてよい」のではなく、本気で蹴ればすごく蹴れるのだけど、トライアスロンの時は次の自転車とかを考えて、蹴れても使わない(こともある)ということでしょう。足が強ければスイムで思いっきり蹴ってもいいし。嫌いな感じのスイマーから離れるときだけブーストキックができる人であるべきなんですよね。安全のためにも基本的な泳ぐ力は必要ですし。

そもそもトライアスリートって、いきなり3種目の人はそんなにいないでしょう。1 種目たのしんで極めて、欲出して2種目してみたら、クロストレーニング的に楽しくなって、弱点の3種目目を強化しようかなとか。

スイムも同じで、だったらフリースタイルだけでなく、バタフライやバック、ブレストも練習すれば何か気がつくこととか得られることが多いんですよね。それを嫌うのがもったいない。背泳で水の掴み方に気がつかないともかぎらないで寿司。

ランナーから言わせてもらうと、ランイベントの後の平泳ぎの足だけは避けたほうがいいです。けど、それ以外はスイムって練習自体がストレッチかマッサージみたいに気持ちよく楽しいと思います。その平泳ぎの足も、「昨日走ったんで」ってコーチに言えば、バタフライのキックで泳がしてもらえます。

ほんと、トライアスリートも好き嫌いせず 4 種練習すれば得るものが多いとおもいます。他の泳法の練習をしないのは、とてももったいないです。

僕の質問:早く泳げるようになるにはどうしたらいいですか?
コーチの答:たくさん泳げ
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://eeyann.blog36.fc2.com/tb.php/1317-ce60aa35

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

や ま

Author:や ま
No Script
Ad block plus
Flash block
DuckDuckGo

 
 海外で働く、バブルな頃のヲタ系電子エンジニア。ガンダームー、ガンダムッ、、、Visor DX、Think PAD、eTrex

 休暇を楽しむ為、しぶしぶ会社に行ってます。

 音楽、スポーツ、料理、車、'80 - '90 映画、と、今は堅気です(笑

 よろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。